別の業務も行っている

アコム、プロミスといった大手の消費者金融は本業である消費者金融業としてはもちろんの事、最近では大手の銀行と業務提携を結び、銀行が売り出すカードローンの保証会社としての側面も見られるようになりました。

 

双方にかかわるメリットとして、まず消費者金融側のメリットですが、以前から消費者金融イコールサラ金と言うイメージがついて回り、例え大手で経営その他がきちんとしている会社であっても、世間的にはあまり受け入れられていなかったものです。

 

それが銀行との業務提携でプラスのイメージに転換出来ること、総量規制や過払い金の返還と言う消費者金融にとって逆風が吹いている昨今、銀行の保証会社として生き残る事で本来の業務以外でも生き残りをかけれる事が挙げられます。

 

銀行にとってのメリットですが、元々銀行と言うのは預貯金業務、企業への融資、住宅ローン等の大口の融資をメインとして業務を行ってきました。昔から小口のカードローンは存在しましたが審査が厳しいゆえに敷居が高く、とてもそれが定着しているとは言い難いものがありました。

 

しかし消費者金融と業務提携を行い、それを保証会社化する事により、以前は厳しいと言われていた審査をより円滑にし、また消費者金融のノウハウを取り入れる事により、カードローン業務であっても世間的には受け入れられやすくなると言うメリットが存在します。